「ご縁のあった皆様に、より豊かなライフスタイルを」
このコンセプトを理念とし、自律神経のケアに特化したリラクゼーションと現代人に不足しがちなミネラルを補う健康食品・エブリシリーズを提供しています。また弊社オリジナルのリラクゼーション、『ゆるゆるメソッド』普及のため、セラピスト育成および施術を行なっております。

震災から6年目を迎えて

【東日本大震災を振り返って】

昨日は3.11。
未曾有の震災から
6年が経ちました。


この場をお借りして、
震災で亡くなられた方の
ご冥福をお祈り致します。


代表の私、氏家は
仙台で被災しました。


この震災を経験したことで気付いた
『命の尊さ、人の温かさ、協力し合う事の大事さや人間の強さ』


こんな気持ちが原点で、
『心も体も健康に』を理念に
仕事であり志事をさせて
いただいております。


震災後、余震も続き
携帯の地震を知らせる音が鳴るたびに、恐怖と不安で眠れない日々。


家に帰れくなってしまった
20人程のスタッフとオフィスで
1週間寝泊まりする中


私の家族は埼玉にいたので
安心でした。


でもスタッフたちを
守ることだけを考えると、
みんなが寝た後も眠れませんでした。


震災から一週間後、
新潟の知り合いの会社さんに
お世話になることになり、
スタッフたちを連れて移転して…


久々のお風呂、
久々の灯りの付いた街を見て
安心と同時に緊張の糸が切れてしまい


その後、ボロボロになってしまいました。


スタッフたちには見せない様に
頑張ってはたけど、
トップのスタッフには弱音も
吐いちゃった時もありました。


とにかく『不安』で仕方なかったです。


私は震災から一週間後に
宮城を離れたので、
その場にいた方々に比べたら、
比べ物にならないぐらい普通の生活を出来ていたけれど


テレビから流れる体育館などに避難している方々の事を思うと、
何だか逃げたみたいで申し訳ない気持ちもありました。


あそこに残って、
自分に出来ることがあったんじゃないかって、
自己嫌悪を感じる事も沢山ありました。


6年目の3.11を迎え
当時、もし『ゆるゆるセラピー』があったら、
少しは被災された方の心を癒せたのかな?想いを巡らせていました。


日本という国は地震大国です。


いつどこで、
大きな地震が起こるかわかりません。


とくに災害後のストレスケアは、
とても大きな役割を果たすと思います。


いつ何時、東日本大震災や熊本の震災と
同じ規模の災害が起こるか分かりません。


“何かが起きた時に、何が出来るか”


これは震災から学んだことです。


非常時に備える心構えをとして
このゆるゆるセラピーが
必ず多くの人のケアに繋がると
私は自負してます。


ゆるゆるの技術は、
災害後のケアの1つとして受け取ってもらいたいのです。


ただ、今はゆるゆるのセラピストさんの数も足らないし、教える人も少ない。


何かが起こる前に
そして災害が起きた時も、
不安を和らげられるように。




だからこそ、
ゆるゆるを1人でも多くの人に
お伝えしていきます。



それが3.11を経験した私の役割だと
心から感じているから。


今私たちは、そんな気持ちに共感してくれる仲間を探しています!


沢山の方々のお役に立てる日が来る事を信じて!